>

資格がある?学んで経験を

資格は必要なの?

「通訳に資格が必要なの?」とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
直球にお伝えすると、通訳に資格などは特にありません。
「資格がないならラッキー!」ということはまったくありません。
むしろ、仕事を得るのが難しいのです。
個人の能力で勝負することになるので、能力が高い人からどんどん採用してもらえて、能力が低いと仕事が舞い込んでこないかもしれません。

通常、通訳の仕事は自分でとりに行くのではなく、会社などを通じて請け負うことがメインです。
個人営業をする方は、かなりの能力を持ち、自分でそれを売り込んでいくことのできる方でないと、仕事を得ることができません。
資格は必要ありませんが、自分の能力をしっかり身に着けておく必要があります。

なるのに必要な条件とは

通訳になるのは、資格が必要ないことは分かっていただけたかと思います。
ですが、国家試験のものや、民間団体で実施されている目安としての試験があります。
国家試験を受けるものとして、「通訳案内士」というものがあります。
これは、英語だけではなく、様々な言語から自分のとりたい言語を選択し、日本の文化などを問う試験です。
日本の旅行のサポートとして、日本の文化・歴史などの一次試験を受けて、二次試験では口述試験を受け、合格すれば晴れて通訳案内士となります。

また、ビジネス通訳検定(TOBIS)というものもあります。
企業での通訳で求められる能力をはかるものです。
これには、試験レベルがあり、1~4級までありますので、自分の実力を知ることができます。


この記事をシェアする