通訳を目指す人が始めるべきこと

通訳になりたい人がまずすべきことの情報を伝えるサイト

必須は語学力!具体的には?

通訳とは、いったいどんな仕事なのでしょうか。
「人が外国語で言ったことを、他の人に日本語にして伝える事でしょ?」
もちろん、正解です!
しかし、他にも普段から通訳されたものを我々は目にしています。

通訳は、手法として、「同時通訳」や「逐次通訳」、「ウィスパリング」という3つがあるといわれます。
テレビやラジオなどの報道系の通訳をよく見るのではないでしょうか。
これは、国内外を問わず、政治や経済などについて、幅広く情報を入手しておく必要のある通訳です。
「国内のニュースしか分からないや」と思った方、お気をつけて。
皆さんが知っている国内のニュースは、ほとんどがゴシップ。
ここでの通訳は、もっとみんなが知らないようなことにまで精通しておかなければならないのです。

次によく聞くのが、ビジネスでの通訳ではないでしょうか。
昨今、ビジネスは日本の国内だけではなく、海外とも様々な協力をしたり、買ったり売ったりをしています。
外国の会社と契約をするためには、相手が言う条件を理解したり、日本側の状況や条件を正確に伝える必要があります。
ビジネスでは、言い間違いや約束を違えることはご法度ですよね。
相手の言いたいことは何なのか、自分はどう伝えれば相手にわかってもらえるのかを考えながら、お伝えする必要があります。

これから、通訳になりたいあなたが、まずどんなことをすべきか、また知っておくかを詳しく解説していきますので、しっかり読んで、参考にしてくださいね。